経緯

1982年10月25日~30日 青原李龍子作品展開催
1985年11月25日~30日 朴炳熙彫刻展開催
1987年11月2日 富士美術館へ韓国現代美術展の為に絵画5点貸与
1989年7月11日 韓国大使館に油絵3点貸与・金昌熙ブロンズ作品1点寄贈・郭徳俊版画作品4点・郭桂晶版画作品2点 寄贈
1995年11月7日 第1回光州ビエンナーレ記念講演「境界を越えて」韓国文化院
2008年4月11日 金沢市小村進氏所蔵文物17点の寄贈仲介及び代理人となる
2008年12月4日 英親王並びに李方子妃関連歴史資料684点寄贈
2009年4月23日 英親王並びに李方子妃関連歴史資料1点寄贈
2011年10月18日~29日 崔承喜生誕100周年記念 光州市立美術館所蔵河正雄コレクション「伝説の舞姫・崔承喜展」開催 韓国文化院ギャラリーM1
2011年10月22日 西木正明直木賞作家講演「崔承喜について」・韓国文化院
2011年10月28日 河正雄トークショウ開催・韓国文化院
2011年10月29日 文化勲章受勲記念講演「私と韓国美術との出会い」受勲記念パーティー・韓国文化院主催にて開催
2012年6月5日 孫雅由作品4点寄贈 駐日韓国大使館新築記念
2015年5月10日~14日 河正雄コレクション「故郷展」開催 韓国文化院ギャラリーM1
2015年7月7日~11日 河正雄コレクション呉日画伯追慕「きらら展」開催 韓国文化院ギャラリーM1
2015年10月10日 第4回韓国人留学生による現代アート展開催・第1回~第4回支援

※1982年~2018年に渡り韓国文化院図書館に図書寄贈続ける

伝説の舞姫・崔承喜展(2011年)

今年は舞踊家・崔承喜の生誕100周年・それを記念して「崔承喜生誕100周年記念光州市 立美術館蔵河正雄コレクション伝説の舞姫・ 崔承喜展」が、18日から29日まで東京・四谷の韓国文化院で開かれる。光州市立美術館で行われた記念展の巡回展だ。金姫娘・光州市立美術館学芸研究士の「崔承喜、火花のように生き、風のように行く」を紹介する。
崔承喜は植民地時代には民族の花、世界的舞踊家として評価されたが、植民地時代と解放、そして民族分断という歴史の渦の中で親日芸術家、北朝鮮へ渡った舞踊家という理念的な軛をつけられ、きちんと評価されていない芸術家である。今 回の展示のタイトル「火花のように、風のことく、舞姫崔承喜」はドラマチックな崔承喜の生涯を比喩したものでもある。すなわち祖国を失った暗黒の時代に火花のような芸術家魂を発揮した偉大な芸術家に対する敬意の表現であると同時に、激動の近現代史の歯車の中を風に吹かれるように翻弄された人生、そして芸術と理念の問を綱渡りする中で、正当な待遇を受けたことのない悲運の芸術家に対する憐憫の意を含んでいる。



韓国人留学生による現代アート展(2014年)

美術系の韓国人留学生の有望作品を紹介する「チャレンジ・アート・イン・ジャパン2014-韓国人留学生による現代アート展」が、東京・四谷の韓国文化院で開かれている。同展は、多摩美術大学、武蔵野美術大学、東京芸術大学、女子美術大学、東京造形大学などに在籍する現役の留学生たち、卒業生たちによる展覧会で、作品発表の機会の少ない留学生への支援と、韓日文化交流への寄与を目指すもので、今回が3回目となる。