経緯

2015年9月5日 館山NPO法人安房文化遺産フォーラム主催「韓国と日本・二つの祖国を生きる」講演
2015年10月29日 青木繁「刻画・海の幸」ブロンズレリーフ寄贈除幕式 韓国全羅南道霊岩郡立河正雄美術館
2015年12月25日 「刻画・海の幸」ブロンズレリーフ台座製作費100万円 NPO法人安房文化遺産フォーラムに寄付支援
2016年3月13日 青木繁「海の幸」記念館(小谷家住宅・千葉県館山市布良1256)に「刻画・海の幸」ブロンズレリーフ寄贈除幕式 布良崎神社内集会所にて記念講演
2016年4月24日 「海の幸」記念館小谷家住宅オープン式 ノーベル医学生理学賞大村智先生と共に
2016年5月12日 青木繁「刻画・海の幸」ブロンズレリーフ寄贈除幕式 ソウルの金熙秀記念秀林アートセンター
2016年7月29日 青木繁旧居(福岡県久留米市荘島町431)に「刻画・海の幸」ブロンズレリーフ寄贈除幕式
2017年3月3日 青木繁「刻画・海の幸」ブロンズレリーフ寄贈除幕式 光州市立美術館分館河正雄美術館(韓国光州広域市 062-613-5391)

除幕式など

霊岩郡立河正雄美術館(2016.4.6)

秀林文化財団・金熙秀記念秀林アートセンター(2016.5.12)

久留米市・青木繁 旧居保存会「刻画・海の幸」除幕式(2016.7.29)

光州市立美術館分館 河正雄美術館(2017.3.3)

千葉県館山市布良青木繁「海の幸」記念館(小谷家住宅)

河正雄コレクション『刻画・海の幸』

2015年9月5日、第19回戦争遺跡保存全国シンポジウム千葉県館山大会が開かれることになった。私はその大会で、館山の戦跡、里見氏の城跡や、青木繁「海の幸」誕生の小谷家住宅など様々な文化遺産を後世にのこすという、ダイナミックな地域づくりに取り組んでいるNPO法人安房文化遺産フォーラムの依頼で、記念講演を行なうことになった。

もうかれこれ10年にはなろうかと思う。秋田での高校時代の友人・富樫研二君が館山に住んでいたことで、彼の誘いから館山を訪問したことが、NPOとのご縁の始まりである。富樫君の紹介で、NPO代表の愛沢伸雄氏、事務局長の池田恵美子氏、彫刻家の船田正鷹氏(1938-)を知るようになった。

そのとき、NPOの方から布良に案内され、青木繁『海の幸』ゆかりの地・小谷家を訪問したことで、青木繁(1882-1911)の足跡と存在を見ることになった。

70年代後半から、私のコレクションである在日一世画家・全和凰の画業50周年を記念した画集の制作に当たっていた。その画集に、美術評論を書いていただく願いのため、東京駅八重洲ロにあるブリヂストン美術館の嘉門安雄館長を訪ねたことがある。そのとき、嘉門先生の案内で美術館を観覧した。展示されていたルノアールやセザンヌ、ピカソやモネの作品にも目を見張ったが、青木繁の『海の幸』作品に心動かされたのである。ロマンに満ち、生命力あふれた躍動感と、汗と海のにおいが充満している。労働の喜びが表現され、痛く感動したものだ。

それ以前に、埼玉県出身の画家・森田恒友(1881-1933)の房総風景の作品を見たことがある。森田は坂本繁二郎(1882-1969)らと布良に滞在し、青木繁との交友があったことなどを思い出した。その感動が再びよみがえったのが、布良の小谷家訪問であった。

船田先生が、「私は、青木繁の『海の幸』を原寸大で彫刻し、塑像レリーフ作品を3年の歳月をかけて制作した。できあがって気がついたら、青木が『海の幸』を描いてからちょうど100年目(2004年)だった。青木繁ゆかりの小谷家を文化財にして残し、小谷家に展示するのが夢だ」と述べられた。

愛沢氏からは、「これから小谷家住宅の保存のために、全国の画家の皆さんに呼びかけて募金活動に取り組みます。青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会を立ち上げるので、ぜひ河さんも発起人になって協力をお願いします」と言われた。私は発起人を引き受け、「小谷家住宅が公開になるときに、船田先生の作品をブロンズにするなら、ぜひ韓国の光州市立美術館分館河正雄美術館にも設置したいから、一緒に作りましょう」と提案した。

数年たったとき、船田先生の勤務している高校で『刻画・海の幸』のブロンズを鋳造したと聞いた。そうこうしているうちに10年がたち、このたびのシンポジウムの講演依頼があったことで、新たに火がついた。久しぶりに会った船田先生が大病を患い、闘病されている姿を見たからである。

一人の作家が情熱と想いを実現されずに時間だけが経過して、このまま埋もれてしまうには余りにも惜しいことだ。美術を愛し美術を通して、幸福と平和を願う想いは、多くの人々にも共有する世界である。ましてこの世に生まれ、共に生きた美術人としてのよしみ、友情といっても良いだろう。何事も生あるとき、生ある喜びを共有することが一番幸せであるという教えがふつふつと湧いてきた。

2015年は戦後70年、日韓国交正常化50周年を記念する年。この記念すべき節目に、出会いのご縁をかなえ、絆を結ぶことが共に生きる最良の道だと心が決まった。

最初の出発点は、小谷家から始まった話であったが、青木繁の生まれ故郷の福岡県久留米市にも寄贈することになった。日韓にまたがり広がった事業となったことは、この日がくることを熟し、待っていたかのように思われてならないのは、私の感傷だろうか。『刻画・海の幸』が設置される韓日の5ケ所には、以下の同一文章のキャプションが、日韓英の3ケ国語表記で紹介された。

『河正雄コレクション「刻画・海の幸」

この作品は1904年、千葉県館山市で制作された青木繁(1882年-1911年)の代表作『海の幸』を2004年原寸大の彫刻にしたブロンズレリーフである。作者は、長野県上田市出身の船田正廣(1938年生)。

この作品は、韓国の光州市立美術館分館河正雄館、「霊岩郡立河正雄美術館、ソウル秀林文化財団金照秀記念アートセンター、そして、日本の千葉県館山市「小谷家住宅」、福岡県久留米市の青木繁旧居に、日韓の美術友好交流の架け橋として、韓国財団法人秀林文化財団の寄贈により、戦後70年日韓国交正常化50周年記念として各施設に設置されている。2016年』

普遍の価値である『海の幸』作品が、連帯の意味、友情の意味、生きる意味、幸せの意味を、永遠にメッセージを放つことであろう。共にこの慶事を祝し守りたい。

新聞記事