経緯

2008年8月21日孫雅由美術作品122点寄贈
2008年8月29日~10月5日在日の花・河正雄コレクション展開催
2009年2月6日孫雅由美術作品122点寄贈
2010年5月17日孫雅由美術作品3点寄贈
2015年6月18日孫雅由美術作品6点寄贈
 寄贈総計255点

「在日の花」展(2008年8月)

在日2世の実業家、河正雄氏(埼玉県川口市 在住、光州市立美術館名誉館長)が光州市立美術館に寄贈した在日作家の作品「光州市立美術館所蔵河正雄コレクション 『在日の花』巡回展」が、8月29日から10月5日まで、全羅北道立美術館で開催される。 「在日の花」展は、2007年に新築された光州市立美術館の開館記念展として企画され、河氏が93年から寄贈を続けてきた在日作家の中から、全和鳳、郭仁植、宋英玉、李禹煥、郭徳俊、文承根、曹良奎、孫雅由の 8人の作家の作品を選んで展示された。その「在日の花」展が、2月の釜山での巡回展に続き、全羅北道立美術館で開かれることになったもの。 河氏は、「これまで寄贈したコレクションの作品1枚1枚が、花であると考えている。花と咲いて、平和への祈り、幸福への祈りを私と共にして いただければ、これ以上の喜びはない」と話す。

「全羅北道名誉道民章」受賞