開催履歴

第1回”光”2001河正雄青年作家招待展 2001年11月21日~12月2日:光州市立美術館
第2回”光”2002河正雄青年作家招待展 2002年11月22日~12月31日:光州市立美術館
第3回”光”2003河正雄青年作家招待展 2003年11月10日~2004年1月15日:光州市立美術館
第4回”光”2004河正雄青年作家招待展 2004年11月23日~2005年1月30日:光州市立美術館
第5回”光”2005河正雄青年作家招待展 2005年11月23日~12月21日:光州市立美術館
第6回”光”2006河正雄青年作家招待展 2006年8月1日~8月27日:光州市立美術館
第7回”光”2007河正雄青年作家招待展 2007年7月5日~8月5日:光州市立美術館
第8回”光”2008河正雄青年作家招待展 2008年7月10日~8月17日:光州市立美術館
第9回”光”2009河正雄青年作家招待展 2009年8月11日~10月4日:光州市立美術館
第10回”光”2010河正雄青年作家招待展 2010年6月24日~8月8日:光州市立美術館
第11回”光”2011河正雄青年作家招待展 2011年11月26日~2012年2月29日:光州市立美術館
第12回”光”2012河正雄青年作家招待展 2012年12月7日~2013年2月17日:光州市立美術館
第13回”光”2013河正雄青年作家招待展 2013年11月22日~2014年2月9日:光州市立美術館
第14回”光”2014河正雄青年作家招待展 2014年12月5日~2015年2月8日:光州市立美術館
第15回”光”2015河正雄青年作家招待展 2015年12月10日~2016年2月14日:光州市立美術館
第16回”光”2016河正雄青年作家招待展 2016年11月30日~2017年2月26日:光州市立美術館
第17回”光”2017河正雄青年作家招待展 2017年11月16日~2018年2月25日:光州市立美術館
第18回”光”2018河正雄青年作家招待展 2018年7月18日~2018年10月7日:光州市立美術館

新聞記事

韓国美術界の未来を担う若手作家たちの作品を紹介する第17回・河正雄 青年作家招待展「光2017」が、韓国・光州市の光州市立美術館で開かれている。 同展は、在日2世の実業家で世界中で収集した美術作品2523点を光州市立美術館に寄贈した河正雄同美術館名誉館長の韓国美術発展への功績を称えて、2001年に始まった。韓国国内の青年作家の中で、作品活動が活発で実験的な創造性が際立つ作家を地域別に選定して、これらの作家の作品を展示する企画だ。今回 は5人の作家40点余りの作品を展示している。 金ジスさんは、様々な動植物を育て観察してきた経験をもとにした「空中庭園」などの作品を発表した。ソン・ギチョルさんは、隣人との断絶を可能にした「防犯用鉄格子」が塀のない状態で宙に浮いている作品を通して、アパルトヘイト(南アフリカ共和国の人種分離政策)を思い起こさせ、差別の無い社会への思いを表現した。 ユン・ドンフィさんは「赤い夜」と題した作品を通じて、貧富格差など韓国社会の闇の 部分を描き出した。 李インソンさんは、人々が持っている様々な欲望を象徴的に表現した作品を発表。