サイト運営者として

河正雄先生より、
当サイトはサイト運営者(山田)が主体的で自由にまとめてくださいとのことですので、いろいろ考察を加えていきたいと思います。

まず背景として、2019年8月現在、最悪とも言われる日韓関係があります。
そして日本には在日と呼ばれる方々がいます。
例えて言うなら、仲の悪い日本と韓国という夫婦がいて、その子供が在日韓国人の方々という感じです。
必然的に誰よりも日本と韓国の友好を願います。
どんなに国同士仲が悪くても、友好や平和を願うのが在日韓国人の皆様です。

日本国内においては、在日韓国人=韓国寄りと思われがちで、不幸なことにヘイトスピーチの対象になったりもしますが、実際は双方の主張をよく理解している立場で、例えるならまさに「架け橋」です。

友好や平和を願うとき、双方の政治的主張をぶつけ合って、どちらが正しい、間違っているなど言っても解決しません。
個人的見解を言うなら、記録としてある部分だけを見れば日本の主張に理があるように見えますが、一方で記録の無い部分において韓国の皆様が苦労されたことも想像できます。
その点を含め日韓基本条約で全て解決済み(ゆえに韓国の国内問題)といえばそれまでですが、現状において報われていない人たちが大勢いらっしゃるのも事実のようです。
個人の意思で日本に渡り、幸せな暮らしをした韓国人もいれば、徴用で日本に渡り苦労をされた韓国人もいます。
一括りにどうだったと言えないのが、それぞれの主張が噛み合わない1つの原因となっているように思います。

結論、そういった主張をぶつけ合って、どちらかを納得させることは難しいと思います。
そこで、芸術・文化交流といったものがあるのだと思います。
※少なくとも、政治(利害問題に対し白黒をつける事)と文化交流は完全に分けて考えるべき話。

河正雄先生はそれを誰よりも願い、実践された偉大な方であると、多くの人から尊敬されております。
ただその反面、いろいろ苦労をされてきた話もお聞きしました。

明らかにいいことをしているのに、なぜ攻撃も受けるのか?

それも含め、人同士、国同士、本当にお付き合いが難しいものだと思います。

河正雄先生曰く、人の煩悩(嫉妬?)がそのようにさせるとの事です。

(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です